医療事故って本当にいつ起きてもおかしくない状況ですね。激務でスタッフが不足していると言う問題よりも、治療がより高度になり専門性の高い治療が増えるほどに、医療ミスの危険性は高くなる。

医療現場において、何よりも気をつけているのが医療事故ですよね。

 

医療事故は、患者さんにとってあってはならないことです。

 

間違った薬液を点滴されてしまったり、服薬を他の患者さんと間違えて飲ませてしまったり…>_<

 

その瞬間に立ち会った時など、心臓が縮み上がる思いです。

 

大事に至らないければ不幸中の幸いですが、最悪の事態では命に関わることもありますし、体に後遺症が残ることもあります。

 

また、そういった医療現場における日常の中でのミスの他に、高度な医療が進歩することによるミスも起きています。

 

医療の進歩により医療機器がかなり高度になっていますよね(´・Д・)」

 

そういった高度な医療機器は、かなり熟練した人が行なってもミスは完全に防ぐことができません。

 

ですから、高度な医療機器の取り扱いを熟知していない人が起こす事故も増えているのが現状です。

 

医療技術にしてもそうですね。

 

高度な医療技術が日々進歩しています。

 

そういった技術や知識を、働きながら身につけていくのは大変なことですよね(;´Д`A

 

高度な医療機器の取り扱いや、知識や技術が不十分なままに高度な医療技術を実践しなければならない医療従事者もいます。

 

そういったことから、医療事故が起こり、医療事故が減らない原因にもなっているんですよね。

 

スタッフが不足していて、激務の中でうっかりしていて起こってしまう事故もよくありがちですが、こういって医療の高度化による事故の危険も高くなっているのです。

 

医療従事者は、いつ医療事故が起きてもおかしくない状況にさらされているんですよね…( ;´Д`)

 

大きな医療事故を起こしてしまえば、看護師として働いていくことも難しくなります。

 

医療事故を起こさないよう、日頃の業務の中での心がけも大切ですが、高度な医療技術や知識を学ぶ体制も整えていかなければなりませんね(´・Д・)」