どうして看護師を続けているのか?最近は働く意味って何だろう?どうして看護師を続けているんだろう?と分からなくなる時があります。日々、惰性で働いている自分に嫌気が刺しています。

私は看護師として働き始めて10年以上が経ちます。

 

私は、人の役に立つ仕事がしたいと思って、看護師になろうと思ったんですよね。

 

でも、実際に看護師として働き始めたら、理想と現実との違いに驚き、現実の厳しさに負けそうになる事ばかりだったんですよね。

 

看護師の仕事をしていると、人の死というものを目の当たりにしますよね。

 

新人の頃は、気持ちの切り替えが上手くできずに、人の死に直面すると、いつも落ち込んでいたんですよ。

 

でも、看護師の仕事を続けてるうちに、人の死というものが、仕事の一貫のように思っている自分がいたんです。

 

人の死に慣れるのは絶対にイヤだ、と思っていたんですよ。

 

でも、ステルペンがあると、今日はまた残業だな、と考えている自分がいるんです。

 

そんな自分に気がついた時には、自分で自分が嫌になってしまったんですよね。

 

人の死というものに鈍感になってしまった感じです。

 

業務の事を考えてしまっているのは、ステルペンの時だけではないんです。

 

他の業務に関しても、人の命を救うというよりも、仕事としてこなしているという感じなんです。

 

看護師って、とてもハードでストレスが溜まる仕事ですよね。

 

時々、なんで私はこの仕事を続けているんだろう、って考えてしまうんです。

 

最近は、モンスターペイシェントが増えてきて、患者さんから暴言を吐かれたり、暴力を振るわれたりという事が少なくないんですよね。

 

業務の大変さ以外にも、心が折れる事が沢山あるんです。

 

そのような事が重なってしまうと、患者さんの事を考えて、というのではなくて、業務としてこなしているほうが楽だと思ってしまうんですよね。

 

こんな事ではいけないと思っているんですけど、自分が嫌になってしまいます。