ブランク看護師は復帰に躊躇する理由がとっても良く分かります!ブランク後に病棟に戻るのってすごく怖いんですよね!

私は、重症度の高い患者さんが沢山入院している病棟で働いています。
最近は、育児体制が整っている病院が増えてきたので、ママさんナースにとってはとても有難いですよね。
子育てをしている看護師も、仕事を辞める事なく働き続ける事ができますから、
看護師不足の解消にも?がっていると思います。
私が働いている病院にも育児休暇があり、出産後に利用する看護師が増えてきました。
育児休暇は、子供が1歳になるまで取る事ができるんです。
育児に専念する為に退職する必要がないので、仕事への復帰がしやすいというメリットがあります。(^_^)

 

でも、実際には、せっかく育児休暇を利用して仕事に復帰しても、結局短期間働いただけで退職してしまう、
という看護師が多いんです。
仕事に復帰したのはいいんですが、ちょっとしたブランクがある事で、仕事についていけないと感じてしまい、
挫折してしまうといった状況なんです。
病院勤務というのは、他の職場に比べるとハードな勤務です。
重症度が高い患者さんが入院している病棟では、高度な医療機器が使われていますし、
急変や緊急入院に緊急手術というように、救命の最前線での仕事です。
ですから、毎日仕事をしていても、知識や技術を勉強している必要があります。(?_?“)
そのような現場ですから、たった1年でもブランクというのはとても大きなものです。
病棟では、看護師も高度な技術や知識を必要とされていますから、ブランクがあって勘が鈍っていれば、
医療事故に繋がりかねないんです。
もしミスを起こしてしまったら、患者さんの命に関わってしまう可能性もあります。
ですから、ブランクのある看護師は、病棟に戻る事を躊躇してしまいます。
いくら仕事ができた看護師でも、ブランクができると怖くなってしまうといった実状です。